概要

称号
マキウラ鋼業株式会社
所在地
[本社]
〒672-8078 兵庫県姫路市飾磨区英賀字東浜甲1960番地-5
TEL (079)234-5111(代) / FAX (079)234-5013

[中島事業所]
〒672-8035 兵庫県姫路市飾磨区中島2172-1
TEL (079)234-5451(代) / FAX(079)234-5482

[鳥取事業所]
〒680-0921 鳥取県鳥取市古海527-1
TEL(0857)24-5955 / FAX(0857)24-8255
創業/会社設立
昭和27年 8月 1日 / 昭和47年 8月 1日
資本金
3000万円
業種
製鋼原料加工販売
資源再生業
産業廃棄物収集運搬及び中間処理
一般廃棄物中間処理
従業員数
[本社] 85名
[中島事業所] 30名
[鳥取事業所] 10名
計125名
主な取引先
【国内】
ヤマトスチール株式会社(直納)
JFE条鋼株式会社(直納)
東京製鐵株式会社(直納)
新日鐵住金株式会社
【国外】
POSCO
現代製鉄
世亜BEスチール

沿革

昭和27年08月
兵庫県姫路市飾磨区中島1089に於いて薪浦茂樹が『薪浦商店』を創業。
昭和30年03月
兵庫県姫路市飾磨区下野田1-33に事務所及びプレス工場を新設。
昭和34年04月
日伸製鋼(現 JFE条鋼)の直納問屋となる。
昭和35年05月
第一プレス工場に隣接して第二プレス工場を新設。
昭和36年03月
大和工業(現 ヤマトスチール)の直納問屋となる。
昭和47年08月
資本金1,500万円でマキウラ鋼業株式会社を設立、法人に改組。
昭和48年11月
兵庫県姫路市飾磨区英賀字東浜甲1960-5に事務所及び工場、倉庫を設立して広畑工場として開設。
昭和49年02月
広畑工場に富士車輌製500トンギロチンシャーを設置。
昭和49年09月
広畑工場にプレス工場を新設。
昭和50年04月
資本金を3,000万円に増額、本社を広畑工場に移転。
昭和55年05月
専務取締役の薪浦 亨 が代表取締役に就任。
昭和56年11月
フジニューエル製1,500馬力シュレッダープラントを新設。
昭和57年05月
昭和57年05月 富士車輌製200型プレシュレッダー新設。スタッフォード非鉄選別装置を新設。
平成02年01月
富士車輌製400型プレシュレッダー新設。(概設の200型を1基リプレース)
平成03年02月
リンデマン製1,250トンギロチンシャーを新設。
平成04年02月
本社新社屋竣工。
平成06年09月
産業廃棄物中間処理業許可取得。
平成12年04月
一般廃棄物中間処理業許可取得。
平成13年01月
自社製シュレッダーダスト選別プラントを新設。
平成14年01月
タジリ製シュレッダーダスト減容固形機を新設。
平成15年01月
リンデマン製シュレッダーダスト減容固形機を新設。
平成15年06月
ISO 14001認証取得。
平成15年09月
遊技機のリサイクル業者に選定される。
平成16年07月
自動車リサイクル業(破砕業)許可取得。
平成17年09月
建設業許可を取得。
平成17年12月
リンデマン製シュレッダーダスト減容固形機新設。(2号機)
平成18年03月
RADCOMM製放射能検知機設置。
平成18年10月
メッツオ・リンデマン製1500馬力シュレッダープラント新設(リプレース)
平成19年03月
非鉄金属選別ライン設置
平成22年12月
非鉄金属選別ライン増設
平成23年04月
特別高圧 (22Kv) 受電設備を設置
平成26年07月
東京製鐵の直納問屋となる。
平成27年07月
産業廃棄物中間処理業許可変更(品目追加)、ワンストップサービス事業の開始
平成27年08月
使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律、再資源化事業認定取得
平成27年11月
ASR再資源化施設の認定取得 (環境省・経済産業省)
平成28年07月
(旧) 株式会社玉岡マテリアルの事業を譲受